コンピュータソフトの評価は、いかに高い付加価値を創造するかで
決定されます。 システム作りとは付加価値の創造です。
より高い付加価値を創造するために、 私たちは常にアンテナを
伸ばして仕事をするとともに、感性豊かな生活、 感動のある人生を
心がけたいと思います。 それが、想像力を身につける第一歩です。
  良いシステムを作るためには、もちろん高い技術力・想像力が
必要ですが、 それ以上に大切なのはシステム作りの関係者同士の
コミュニケーションです。 なぜならシステムを作るのも使うのも
共に人間だからであり、機能優先だけでは ダメな場合もあるからです。
「あの人に仕事を頼んで良かった。あの会社なら安心だ。」と
ユーザの皆様に信頼されるよう、心を込めて仕事をしたいと思います。
 
  技術革新の激しいこの業界でコンピュータソフトの仕事をやる以上、
常に挑戦する気持ちでなければいけません。次から次へと登場する新しいツールへの対応、
ユーザのニーズを先取りする情報新技術の研究開発等課題はたくさんあります。
自己啓発に励み、常に前進する気構えと挑戦する情熱を持ち続けていきたいと思います。